トップページへ
釣り券看板

 

上野村漁協へ

花山村漁協へ

ご購入方法

メルマガ登録ボタン

釣り券サイトについて

漁協の皆様へ


東京電力管轄

国土交通省河川局
水文水質データベース

全国の河川水位等
がリアルタイムで
調べられます

>> TOP >> 釣り券.comについて

釣り券についてアイコン

 遊漁券とは

 皆さんは川で釣りをするときお金がかかるのをご存じですか?
こんな書き出しなのは知らない人が多いからに他ならないのです。
それでは漁協ってなにをやっているかご存じですか?
「魚屋さんの組合かな?」ぐらいですか?ほとんどわからず、腑に落ちない遊漁料を払っている人が多いはずです。

アユ・ヤマメ・イワナを、海と違い制限された水域で絶滅させずにおくことは今の世の中並大抵のことではありません。川を守る人々がいなくては日本の川の大半が「死の川」となってしまいます。
現在では職業としての漁師はほとんど存在しませんので、遊漁を事業としておこなっている場合が多いです。
しかし、魚を絶やさないためには放流をして、レジャーとしての遊漁をおこなっても絶滅しないだけの魚を買ってくるしかないのが現実です。

放流量 > 捕獲量 なら、来年まで魚が命を繋ぐかも知れません。
でも釣れない川というレッテルをはられてしまいます。

放流量 <=捕獲量 が一般的で、翌年も放流が必要でしょう。

魚を捕るのは釣り師だけではありません。「カワウ」や外来魚、病気によって釣りシーズンの半分もの漁獲量が減ってしまうこともあります。水質の悪化により放流直後に魚が浮かび上がるようなら組合も消滅してしまうでしょう。

 漁協では開発による地域活性化と、河川状況の悪化による遊漁料収入の低下。またはその反対のジレンマを抱えながら運営されています。川を昔のままに守り、釣り人に多く来て貰える場所にしようとすれば村は発展しない・・・。バランスが難しいです。
 漁協がこれまでにおこなってきた「増殖」とリバーキーパーとしての役目はたいへん重く、遊びで釣りをする遊漁者はそれを理解し相互協力によって河川を守ってゆけるようにならないものでしょうか?

 漁協にとって遊漁券収入は全体のなかで大きな比率になっているはずです。遊漁者の行動も情報公開によりコントロールできるのではないでしょうか?

ここから本題、遊漁券の問題についてお話しします。

 現地監視員の方から聞くところによると 
 ・ 「買う場所がわからなかった」
 ・ 「まだ販売所が閉まっていた」
 ・ 「下流から釣り上がってきたら違う漁協の管轄地だった」
が言い訳トップ3とのことです。
漁協の立場に立って見てみましょう。
監視員を増やせば密漁は減るが人件費がかかる。性善説をとって監視をやめれば気軽に出来てしまう魚泥棒(密漁)が増え、収入が減る。
漁協は監視なんてしたくはないのです。監視員は正組合員の持ち回りでお役が回ってくる仕組みが多いようです。しかし、高齢の監視員などはガラの悪い釣り人に脅される事もあるそうです。

 買わなくてはいけない理由も正しく釣り人に対して伝える必要があります。
フライフィッシングは魚を持ち帰らないからお金を支払わなくてもいいんじゃないか?
ごめんなさい。私も昔そう思っていました。
しかし、釣り上げてリリースしたその(釣り人に対してサービス精神旺盛な)魚は誰が用意して楽しませてくれたのか、誰がその川を守っていてくれたのか、今年もそこで釣りが出来るのはただそこに川があるから出来るのではなく、川を今年も同じ状態に保っていてくれた漁協の努力があるということを忘れないようにしましょう。

ほら、遊漁料を支払うという行為が準組合員としてその川を一緒に守っているのが分かりますでしょ。地元の人間でなければお金でしか川の保全に貢献できないことが多いのです。

 買う場所は昔から変わりなく、(それが良い面もありますが)「釣り券あります」の赤いのぼりが釣り場にきたと実感させるものですね。
でも、最近の釣り人は若年齢化がすすんでいます。
遊漁券を買う機会を増やすことにより若者層にも釣り(特に渓流)というレジャーが浸透してきているのかも知れませんよね。
釣り場として成功しているところでは「コンビニ販売」「自動販売機」と買う機会を増やし、買いたいのに、知らないから買わないという「面倒だから密漁」を減らすことに成功しています。若者も、買えない川には行きづらいのです。朝の3時に販売所のおばあさんをたたき起こして「券ください!」なんて若造が言えますか?

漁協は買う機会をすべて用意してやって、釣り人は遊漁料の意味を理解して購入する。それでも買わない人は犯罪者です。

 釣り券.comはそれだけで良いとは思っていません。若者の釣り人が増えていると言うことは「新人さん」が増えているということです。各、河川には「規則」があります。それは漁協によって違い、ローカルルールは現地まで行って、注意されてはじめて分かることもあります。
「禁漁ってなに?」「ルアーで釣れない魚も川も無いぜ」とは本当に聞く言葉です。釣りに関しては情報が少なすぎます。それらを一元的に纏め、公開する場を作りたいと思っています。

 漁師としての漁協は存在しないに等しいと前述しました。遊漁をどのように考えるかが今後の漁協の命題です。
 「おらが川」という声はわかります。しかし、それを土足で踏みにじられるよりは、情報を与え、規制をしっかり守った心ある釣り人に「良い川ですね」と言わせ、地元の料理や風土を楽しんでもらい、その人の「心のふるさと」「守りたい場所」としてもらい、長く付き合っていけるのが理想の姿ではないかと考えます。

以上がこのホームページの目的です。
狭い日本です。釣りぐらいはゆったりとした気持ちでおこないたいものです。


2002.06.01 田中 紀之

釣り券ドットコムを快適にご利用頂く為に、以下のブラウザを推奨致します。
Microsoft社 Internet Explorer5.0以上
Netscape 6以上

 プライバシーポリシー   通信販売の法規に基づく表示   サイトマップ

Copyright (C) 2002-2005 BC-Works All Right Reserved.